モバイルWiFiご契約で、「クーリングオフ」は適用になりません。条件を満たせば契約のキャンセルができる「初期契約解除」は可能です。

初期契約解除は、個人契約においてモバイルWiFi通信サービスが利用可能になった日または、お客様が契約書面を受領した日のいずれか遅い日から起算して8日以内であればご契約のキャンセル手続きが可能となり契約解除料を免除できます。

申請につきましては書面にて承っております。免除される金額は契約解除料のみです。月額料金や端末代金などその他費用はお客さま負担となります。

モバイルWiFi初期契約解除はどういう時に利用する?

モバイルWiFiを契約をしたものの、自宅では電波の入りが悪く正常にサービスを利用できないといった場合、端末を返品して回線を解除できます。

「電波が悪い」「エリア内なのに電波が入らない」「電波が何度も途切れる」「速度が遅い」など契約後使ってみて不満が生じる場合は契約解除料無料で解約できます。

モバイルWiFi初期契約解除制度とクーリングオフ制度の違い

モバイルWiFiの初期契約解除制度は、電気通信事業法によるクーリングオフ代替制度です。

クーリングオフ制度はインターネット・携帯電話サービスの契約には適用することができません。そのため、2016年5月に電気通信事業法が一部改正されて初期契約解除制度が定められました。

初期契約解除制度とクーリングオフ制度の内容は一部似ていますが、大きく異なる点があります。

クーリングオフ制度は、電話勧誘販売や訪問販売など、もともとその気がなかったのに押し切られて商品を購入してしまった場合に適用される制度です。

モバイルWiFiはweb上自らの意志により契約していますので適用不可となっております。

初期契約解除制度は、モバイルWiFiを自分の意志で契約したサービスであっても自己都合で契約解除することが可能です。モバイルWiFiをヨドバシカメラや公式ウェブで申し込んだ場合でも適用することができます。

初期契約解除はクーリング・オフ制度と似た制度ですが、モバイルWiFiの初期契約解除制度では、ヨドバシカメラなどの店舗での契約にも対応できるように販売形態によらず解除が可能になっていたり、一定範囲であれば事業者が契約解除に伴う支払いを請求できる点などが異なります。

モバイルWiFiの初期契約解除が無料になるのは解約料金のみ?

モバイルWiFiを初期契約解除制度によって契約の解除をした場合、契約解除までに利用したサービスの利用料、事務手数料は契約に基づき支払う必要があります。

違約金は契約に定められていても支払う必要がありません。

モバイルWiFiの初期契約解除方法

モバイルWiFi事業者が指定のフォーマットまたはお客様ご用意の紙面に必要事項を記載し、端末一式に同梱の上、事業社サポートセンターへお送りください。

<必要事項>
・サービス契約書面に記載の契約ID
・契約者名
・契約電話番号
・契約者住所

参考:初期契約解除フォーマット事例

モバイルWiFi初期契約解除は8日以内の期限あり

モバイルWiFiの初期契約解除は、サービス契約書面を受領した日から起算して8日以内に、初期契約解除申請書を端末一式に同梱の上、発送ください。

発送日が申請期限を超過している場合、初期契約解除としてお受付できません。必ず8日以内に発送する必要があります。

モバイルWiFi初期契約解除の返送物

モバイルWiFi初期契約解除の返送物は、受け取ったものすべてが対象です。

・ご契約端末
・SIMカード(SIMカードプレートおよび台紙含む)
・ケーブル
└モバイル端末の場合:USBケーブル
└ホームルータ-の場合:電源ケーブル、LANケーブル
・保証書
・個装箱
・変換コネクタ(同梱されている場合のみ)

モバイルWiFi初期契約解除返送方法

「佐川急便」、「ヤマト運輸」、「ゆうパック」のいずれかより、初期契約解除申請書と端末一式を事業社サポートセンターまでご返送ください。

定形外郵便はNGとなります。

配達伝票の品名に「初期契約解除」と記載ください。記載がない場合、期日内に初期契約解除として処理ができず、ご請求が発生する場合があります。

返送にかかる費用はお客様ご負担となります。どこの事業者でも送料はお客様負担となります。

モバイルWiFi初期契約解除で返送に不備がある場合は損害金が発生

以下の場合、機器損害金2がご請求となりますので、ご注意ください。

①申請書のみの申請
②返送物に欠品がある場合
③返送物が破損・故障していた場合