モバイルWiFi電波が届く距離は?

モバイルWiFiの電波は、障害物がない屋外の場合、条件が良ければ直線距離で50~100mまで届きます。

鉄筋コンクリートや大理石などの障害物があると、モバイルWiFiの電波が遮断されてしまいますので、モバイルWiFiルーターから距離が近くても途切れやすくなります。

床暖房や断熱材にも金属が含まれていますので、これらが建材として使われいる場合、モバイルWiFiの電波を通しにくくなり途切れやすくなります。

モバイルWiFi障害物による影響の受けやすさ

障害物の素材により、通信速度に影響が発生します。

 <影響(小)の障害物>
  ・木材、化学素材(パーテーションなど)、窓ガラス など

 

<影響(中)の障害物>
  ・人、水(水槽の水など)、ブロック など

モバイルWiFiは周波数により電波の届く距離も変わる

モバイルWiFiの電波は、2.4Ghzと5Ghzの2種類の周波数があります。2つの周波数はそれぞれ届く距離は異なります。

2.4GHz帯は周波数が低く、電波が遠方まで届きやすい特徴があります。また、壁や床などの障害物にも強いため、隣の部屋や階上の部屋にも電波を届けることができます。

5GHz帯はモバイルWiFi専用の電波です。そのため、電子レンジなどの家電製品が出す電波と干渉しませんので、安定的にネットが利用できて2.4GHz帯より速度が速いです。

しかし、5GHzは壁などの障害物があると弱まりやすいです。その為、遠くには電波が届きません。障害物がある場合は電波が届きやすい場所に移動してみると良いです。

モバイルWiFiの電波は円形に広がる

モバイルWiFiの電波の広がり方は、発信源(ルーター)を中心にして、円形に広がっていくという性質を持っています。

その為、部屋の角にモバイルWiFiルーター配置してしまうと壁に反射してしまう部分が出てきますので、強度が弱くなってしまいます。

基本的には周囲に壁や障害物がない真ん中の場所に置くのが最適です。

モバイルWiFiルーターは高い場所に置くことで電波は届きやすい

モバイルWiFiルーターは、人や遮蔽物の影響を減らすために、なるべく天井近くの高いところに設置しましょう。床に近い場所に設置すると、床面での電波の反射が通信に影響が生じます。

高い場所は、障害物の少ないので、電波を遠くまで飛ばすことが可能です。

モバイルWiFiは中継機で電波を遠くに飛ばせる

モバイルWiFiルーターは別階のキッチンや寝室、密閉性の高い浴室やトイレなど電波の届きにくい場所では、部屋の位置や構造によって通信品質の低下を招く恐れがあります。

中継機は、モバイルWiFiルーターから離れた場所のスマホやタブレットやパソコンへWiFi電波を中継します。

中継機があることで、モバイルWiFiを利用できる範囲を拡大することができます。

モバイルWiFiの電波は壁や障害物を通り抜ける度に弱くなります。そのため、別階の部屋や、四方を壁で囲まれた部屋では通信が不安定で、通信速度が遅くなります。

モバイルWiFiとスマホの間に中継機を設置することで、弱くなる前にWiFiの電波をキャッチ・再発信しますので電波の届きにくい部屋へWiFiの電波が届きやすくなります。

モバイルWiFiルーター周波数帯を5Ghzから2.4GHzに切り替えると電波が届きやすい

2.4GHz帯と5GHz帯では、周波数は5GHz帯の方が高いです。

電波は、周波数が高くなるほど遠い距離を進むことが苦手になります。また、直進性が強くなるため、障害物に当たると反射してしまうので、障害物の裏に回り込むことが困難になります。

2.4GHz帯は、5GHz帯に比べると電波が遠くまで届きやすく、壁などの障害物にも強いため、比較的に広範囲で使用することが可能ですので、周波数帯を切り替えてみることも電波を届きやすくするポイントです。

メッシュWiFiを複数個設置してWiFi空間を拡張

メッシュWi-Fiは、複数のルーター(アクセスポイント:AP)を組み合わせてひとつのネットワークを構成し、電波が届きにくいところにも電波を行きわたらせることができます。

従来のWi-Fi中継機も、モバイルWiFiエリアを広げる点はメッシュWiFiと同じですが、あくまでルーターからの電波を中継するだけで、機器同士でネットワークを構築することができません。

一方でメッシュWiFiは設置した複数のルーターで一つのネットワークを構築するため、携帯電話の基地局と同じように機器同士の切り替えがシームレスに行われ、速度低下や電波の途切れなどがおこらず安定した通信を可能にします。